【必見】気になるボニーラッシュの成分と効果を徹底リサーチ!

「それ、盛り過ぎだろ」って、ホテルビュッフェの話ではありません。
それは、かつての私のまつ毛。
盛りすぎまつエク、重量つけまつげに明け暮れていた日々。
そして、「盛りまつ毛」のあとに待ち受けていた悲惨な「老けまつ毛化現象」。

とあるリサーチで、男性の約7割が初対面で女性と会う時、
何よりも最初に目元をチェックする、という記事を読んだことがあります。
いつの時代も、髪型やファッションではなく、まずは目元の印象がファーストプライオリティ。
そんな目元を印象づけるのが、やっぱり、美まつ毛。

「いやいや。男性目線なんて意識しないから。」とつぶやいているあなた、それだけじゃないのです。まつ毛ケアを怠るといったいどうなるのか。さきほど少しだけお伝えした、私の失敗談をまじえながら、まつ毛ケアの必然性をお伝えしたいと思います。

また、実妹が実際に使用しているボニーラッシュというまつげ美容液のおもな成分や副作用について、家族目線で徹底的に調べてみます。

まつげ美容液 ボニーラッシュに含まれる4大成分とは?

はじまりは、こんな妹の一言でした。
「姉ちゃん、このまつげ美容液の成分って全部カタカナだね。どうなの?」
一瞬、そんなこと自分で調べなさいよ、と思ったものの、ボニーラッシュのパッケージをよく見ると確かに難しそうな成分名がずらり。

  1. ワイドラッシュ
  2. リデンシル
  3. キャピシキル
  4. ネオダーミル

「そういえば、どこかで聞いたことがあるような気がする」という気になる成分もあったりして、結局、調べてみることにしました。

ボニーラッシュの成分①:ワイドラッシュ

まず、最初にワイドラッシュという成分を、色々と調べたところ、比較的新しく開発された成分だということが分かりました。
新しい成分ということは、やっぱり副作用も気になるもの。気合いを入れてインターネットや図書館で調べてみましたが、気になる情報は見つかりませんでした。

ワイドラッシュのおもな効果は、強いハリとコシ。
ペプチドとパンテノールという2つの成分が入っていて、まつ毛を強くさせるだけでなく、それを持続させる効果があるそうです。

このハリ、コシというのは、まつ毛の質感という部分でもかなり大事な要素。
以前の私は「顔に化粧水や美容液を使っているし、まつげ美容液なんていらない」と高をくくっていました。
そんなある日、しばらく、まつエクサロン通いをさぼっていた私が、久しぶりに鏡をじっくり見たところ、ある異変に気付いたのです。
「なにこれ、まつ毛薄い!」
エクステをつけていない自まつ毛は老化が進んだせいで、ハリやコシを失い、細々と弱々しくなっていました。ハリやコシがないため、どんなに頑張ってビューラーを使っても上にあがらない、まつ毛ほど空しいものはありませんでした。

ボニーラッシュの成分②:リデンシル

次に調べたのは、リデンシル。この成分は薄毛を気にしはじめた夫が使っている育毛剤や発毛剤でも見た成分だったので、どこかなじみがありました。毛根に直接働きかけることで毛を太く、密度を増やす効果が期待できるそうです。
夫の手前、こちらもしっかり調べてみましたが、セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキスなどの天然由来の成分が使われており、安全性も高いといえます。
また、調べていく中でまつ毛のライフサイクルは、髪の毛よりもかなり早いペースで繰り返されているという事実を知りました。伸びていく期間は、1~3ヵ月。この間に最長の7~8mmに達し、そのあと数ヶ月止まり、抜け落ちるそうです。結構、短命です。そのライフサイクルをスムーズにするためにも、この成分はとても重要です。
さらに、毛根が約2mmしか真皮の中にうまっていません。髪の毛が約7mmというのと比較してもそのデリケートさがうかがえると思います。そんな繊細な土壌に育つ、まつ毛ってどこか愛おしく感じますね。

ボニーラッシュの成分③:キャピシキル

まるで投資用語のようなキャピキシルという成分ですが、実はリデンシルと似た成分で毛根を元気にし、同時に痛んだ毛先や頭皮に潤いを与えるというものだそうです。

こちらも、アカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチド-3という天然成分由来の成分が使われています。アカツメクサ花エキスは抜け毛予防、アセチルテトラペプチド-3は育毛促進が期待できるとのこと。

育毛成分ではリデンシルだけでなく、キャピシキルというダブル成分を採用しているというあたりも、ボニーラッシュの本気度がわかります。

私の実体験から、いったんまつ毛を弱らせてしまうと、毛根が元気になったと実感するまで、かなりの時間を要したように思います。健康なまつ毛をずっとキープするためにも、まさに欠かせない成分と言えるでしょう。

ボニーラッシュの成分④:ネオダーミル

最後にお伝えする成分は、ネオダーミル。バイオテクノロジーによって生まれた最先端のエイジングケア。さらに「美容整形で使用されるコラーゲン注射と同じようなシワ改善効果が期待できる」といわれているそうです。
アンチエイジングは個人的にもっとも気になる成分なので、副作用についてかなりしっかり調べましたが、気になる情報は見つかりませんでした。

なんと、このネオダーミル、毎年パリで行われる化粧業界において世界最大規模の展示会「インコスメティックス」で2013年に金賞を受賞したそうです。まさに、世界が認めた成分といえます。
おもな効果は、コラーゲンを生成し、目元にハリを与えてくれるという、女性にとって涙がでるほど嬉しいもの。
まつ毛をケアしながら、目元の地肌ケアできるなんて、まさに一石二鳥です。

ボニーラッシュの美容成分がまつ毛に与える効果とは?

ここまでの調べで分かったこととしては、ボニーラッシュの美容成分は、良質で安全性が高いものだということなので、安心して使い続けられるということ。

高品質な「まつ育4大成分」を高濃度で配合しているボニーラッシュは、まさに結果を出すことを目的としているということが分かります。

今回、私にとっての一番の気付きとしては、
まつ毛ケアを正しく行うためには、そのためにきちんと開発された専門アイテムを使うのが、美まつ毛への一番の近道であるということ。
さらに、最近のまつげ用美容液は驚くほど進化し続けている! ということです。これは、まさに使わない手はないでしょう。

まとめ

妹のために調べたボニーラッシュの成分ですが、特に危険な成分も含まれていないことがわかり、まずはひと安心。

最後に、各成分名とその効果をもう一度、おさらいしてみます。

ワイドラッシュは、ハリコシを与えてくれるという成分
リデンシルは、毛根を元気にし、ケアし続けてくれるという成分
キャピシキルは、毛周期に働きかけて、まつげを伸ばしてくれるという成分
ネオダーミルは、目元の地肌を整え、ハリを与えてくれるという成分

ここまで読んで「まずは、まつ毛育成をはじめよう!ボニーラッシュを一度お試ししてみよう!」と思っていただけたら幸いです。一緒に明るいまつ毛ライフを楽しみましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。